連鎖とレインボー枠がうまく絡んで高配当!?「Cemtastic」攻略方法解説!

ベラジョンカジノ「Cemtastic」攻略!

ベラジョンカジノで新しくリリースされた「Red Tiger」社製のビデオスロット「Cemtastic」です。4段×6リール、有効ライン数は30ライン、落ちゲー系のビデオスロットです。連鎖することでマルチフライヤーが2倍、3倍、4倍、5倍、6倍と加算されるタイプのものですが、チョット目新しいところもあるので遊んでみました。
図柄は全部で9種類です。高配当4図柄、低配当5図柄で3連以上で配当が成立します。配当が生じると配当を得たマスが消去され新しい図柄が上から落下する仕組みは一緒なのですが、図柄枠にランダムにレインボーに変化します。このレインボーに変化した図柄を消去すると消去した数だけ「Wild」が出現しランダムに配置される仕組みです。

レインボー枠の図柄を3つ消去すれば3つの「Wild」が、6つ消去すれば6つ「Wild」がランダムに配置されます。遊んでみて思うことですが、このビデオスロットで高配当を得るのは二つの方法があるようです。先ず、連鎖を継続させることです。これはこれまであった同様のビデオスロットと同じです。もう一つは、レインボー枠の図柄を一度に多く消去し、数多くの「Wild」を出現させることです。
私が実際に遊んだ際に最も大きな配当は3連鎖の時でした。レインボー枠の図柄を6つ消去、たまたま高配当図柄だったため最初の消去でもそこそこの配当を得たのですが「Wild」が分散し、連鎖が生じて42.00ドルを獲得しました。1ドルBETでの遊戯でした。ちなみに6連鎖も1度ありましたが25.00ドルの配当にとどまっています。この時はレインボー枠が絡まずでしたので両者がうまく組み合えば100倍以上の配当も生じると思います。
個人的には粘ればボーナス獲得で大きな配当が期待できるというビデオスロットではないと思いますので、資金を決めるか、回数を決めるかして遊ぶのがいいように思います。
クリスタル調の図柄で見た目は綺麗です。また稼働も小気味よいのでストレスはかかりません。しかし、配当が生じないスピンは10回以上続くこともあるので大波のビデオスロットとの理解がいいように思います。
レインボー枠が若干見にくい印象を持ちますが、スピン中にレインボー枠の図柄が増えたりもします。1回目のスピンでは青い宝石のみにレインボー枠があったのに連鎖した次のスピンでは緑の宝石にもレインボー枠が付くといった感じです。連鎖とレインボー枠がうまく絡んだ際は高配当を期待できますが、大波で深そうなので注意が必要かもしれません。夢はありそうですが吸い込みもよさそうです。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

アリスタウンを実際に試した結果!リアルに評価してみる

アリスタウンを評価してみる

アリスタウンは日本のオンラインスロットのサイトとしては口コミなどの人気が非常に高いサイトになります。ですので、信頼性も高いですし、何よりも、スロットの機種がたくさんあると言うところが良いと思います。

私は、パチスロは好きで昔からお店で打っていましたが、近年、パチスロはなにかと規制が厳しくなってきまして、収支も悪くなっていく一方になってしまいまして、本当に勝てなくなってきています。パチスロでは、勝てる可能性の高いと言われている高設定の台というものも、ほとんど見かけないくらい渋い状況になっています。

しかし、オンラインスロットはそうではありません。アリスタウンのようなオンラインスロットのサイトでは、実際にお店でスロットを打つような感覚で、スマートフォンがあれば、いつでもどこでもプレイすることができますので、大変便利です。

最初は私もオンラインスロットのサイトを見て、やろうか迷っていました。というのも、オンラインスロットのルールがインターネットで見ている限り、複雑そうで、面倒くさそうだなと感じていたというのがあったためで、お店で打つパチスロはお金を持って行きさえすれば、台の設定などの違いはありますが、プレイして、換金するまでの行程は、シンプルで、簡単です。しかし、あまりにも現行のパチスロが勝てないということになり、私も、オンラインスロットをやってみようと思い、アリスタウンに登録してみることにしました。

実際、登録は思っていたよりも簡単でした。さらに、スロットの機種も、何か細かそうで、難しいというイメージが強かったのですが、実際パチスロをお店で打っている人からしてみれば、難しいというようなことはあまりありません。それに加えて、オンラインスロットのサイトではイベントというものがあり、高設定を打てる確率を、上げることができるのが魅力だと思います。私のように、昔から、イベントのためなら、少しくらい遠いお店だろうが、時間も、どんなにきつくても、徹夜で並んででも待っていた経験があるような方であれば、この、イベントが、スマートフォンさえあればいつでも、イベントに参加することができてしまうというイメージになりますので、すごくお得な気がすると思います。

実際にわたしが、アリスタウンのサイト内でよくプレイしている機種は、フラッシュボンバーという機種になります。この、フラッシュボンバーという機種は、見た目が、今のお店にあるようなパチスロの台のような感じで、馴染みやすいと思い、試しにプレイしてみたのですが、すごく面白かったので、今ではパチンコ屋さんに行くことはほとんどなくなりまして、この、フラッシュボンバーをプレイすることが多くなっています。

フラッシュボンバーは、パチスロの好きな人ならわかると思うのですが、Aタイプと呼ばれる機種になりまして、ボーナスのみで、増やして行くというものになりまして、さらにフラッシュボンバーは、目押しが得意な人であれば、それだけで、機械割を上げていくことができます。私はパチスロの目押しがうまいというわけではありませんが、それなりに目押しはできますし、昔のパチスロで、目押しが重要な台などで、勝っていたりしましたので、この機種はスロット経験者向けの台ではありますが、目押しの要素以外は、単純なゲーム性になっていますので、もちろん初心者の人にも、とっかかりとしては、とても良い機種かなとは思います。

ボーナスに当選したという告知も、画面上のフラッシュボンバーと書いてあるところが光ればボーナス確定ということになりますので、非常にわかりやすく、見落とすという心配もありませんので、初心者の方でもわかりやすいと思います。

そしてこの機種のよいところは、目押しがしっかりできれば、機械割が上がるため、低設定であっても、大きく負けてしまうということもありませんし、さらに言えば、低設定でも勝てる可能性が、上がるということになりますので、私は、フラッシュボンバーは、イベントのときは真剣に狙いにいきますが、普段ひまなときなどに、プレイしています。暇つぶしにはすごく良いですし、長い時間プレイできるし、あまり負けませんので、本当に暇な時には重宝しています。設定も見抜くことが比較的簡単ですので、イベントの時は特に、しっかりと設定を見抜いて行き、最高設定である設定⑥を、貪欲に狙っていくようにしています。アリスタウンのイベントは、高設定がしっかりと入っているという印象が強いですので、積極的にイベントに参加するようにしています。そして今のところ、フラッシュボンバーでは、勝ち越していますので、得意機種ということになっています。めちゃくちゃ大きな勝ちということはあまりないのですが、コツコツと勝って稼いで行きたいという方にとっては、フラッシュボンバーという台は向いているということが言えると思います。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

ラスベガス・ベラージオのカジノで稼ぐ!/海外で遊ぶカジノは合法!

ベラージオのカジノとは

今から数年前ですが新婚旅行で憧れのカジノの本場ラスベガスへ行ってきました!といっても町全体がエンターテインメントであるラスベガスなのでもちろん観光目的もありましたが、やっぱりせっかくラスベガスに来たのだから「本場のカジノを体験してみたい!」と思い、妻と二人で上限を決めて人生で初めての勝負をしてきました^ ^
予算と内容、結果はのちほど話します。まずはいくつか感じたことを書いていこうと思います!

某ハリウッド映画の舞台にもなった「ベラッジオ」はホテルもとてもゴージャスできらびやか!ホテル自体が一つのテーマパークにもなっている印象でした。ゴージャスで高級感は言うまでもありませんが決して敷居が高いようではなく服装もラフなカンジで楽しまれている方が多かったと思います。カジノの規模もかなり大きい部類に入るようでどれを遊ぼうか迷ってしまうほどでした。
他の海外はあまりいったことがないので比較しにくいですが日本人のお客は少なかったように思いましたね。

主に分けるとスロットマシーンやコンピュータールーレットといった一人で行うものと、ディーラーを相手にプレーヤーとなり勝負するブラックジャックやバカラ、ルーレットなどの対人かそうでないものの2種類に分かれていました。
個人的には英語が苦手なのでスロットマシーンなどの機械を相手に行うものをよく遊びました。
感覚的には日本のスロットとは違い、デパートなどのゲームセンターで遊んでいるようでしたが、機械に直接ドル札を入れるのは少し違和感がありましたね(^^
ディーラーが相手のゲームはルーレットを行いました。これなら英語がダメでもルールもわかりますし比較的とっつきやすかったです。当たった時にとなりの外国人の方と喜ぶなどみんなで盛り上がれるのも醍醐味でしたね。

妻と一人5万円までと決めて3日間勝負してきました!最初の2日間はスロットマシーンやコンピュータールーレットなどをやりましたが自分はすぐに3万円ほど使ってしまいピンチでした( ;∀;)妻は堅実にコツコツ小さく賭けながら初日と2日目では1万くらいプラスになったと思います。しょぼい(^^;
最終3日目は緊張しながらディラーのいる本物のルーレットへ!最初は赤か黒の方で賭けていてこれが的中率高く初日、2日目の負けを取り戻すほどに!
しかしここで欲を出したのが良くなく数字がけで徐々に目減りし最終的には二人で1万円ほどプラスになった時点でヤメ。
賭ける額によりますが周りのお客で一気に10万円以上かけている方もいました!(身なりはやはり持ってそうでした)
私はちんまりしていましたが他のカジノで100万円ほどのフィーバーをしている人を間近で目撃しましたよ!いいなー(*´`*)

結果的には少し勝てて本場のカジノも満喫できて最高でした!賭ける額をあらかじめ決めていけば後悔するような負けの額にはならないかなと思います。もちろん、周りの熱にあてられてレートを上げたくなる時もありましたが 汗
また、チップを払うとカジノ滞在中はお酒が飲み放題なのも最高でしたね。まぁこれでさらに冷静な判断が出来なくなってしまうのですが (笑)
個人的にはもう一度絶対に行きたいと思えるような空間でした!もちろん次は上限ももう少し上げて満喫したいですね。アメリカンドリームはたしかにみれる場所、それがラスベガスのカジノだと思いました!(^^)

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

ベラジョンカジノの「Lucky Halloween」攻略方法解説!

ベラジョンカジノ「Lucky Halloween」攻略!

ベラジョンカジノの「Lucky Halloween」を紹介します。このビデオスロットはRed Tiger社が作成し提供しているビデオスロットです。開発者が日本人をターゲットにしたのか、同社のほかのビデオスロットと比較してもビデオスロットの説明書きなどが日本語でしっかり記されています。英語表記のみのものや、変な日本語での説明をよく目にしますが、このビデオスロットはそのようなことがないので好感が持てます。また、シンボル図柄にも日本語表記がされています。「Bonus」ではなく「ボーナス」、「Free Spin」ではなく「フリースピン」とシンボル図柄にも日本語が使われています。開発者が日本人なのか、日本通なのかわかりませんが、ぱっと見で違和感があります。それだけプレイする側が英語表記のものに慣れているからなのでしょうが、ある意味珍しいビデオスロットと言えます。
このビデオスロットの最大の特徴は、リール回転時に起こる「パンプキンバイカー」と呼ばれるキャラクターのアクションで、様々な高配当を呼び込む仕様があることです。リールの始動とともに左側から「カボチャ」が現れたら、「パンプキンバイカー」の出現のチャンスです。当然、ガセることもあります。リールが暗転すると2段階、この時点ではまだガセることもあります。バイクのエンジン音が鳴ると「チャンス」確定です。左から「パンプキンバイカー」が現れ、様々なアクションを行います。
「パンプキンバイカー」の頭は「カボチャ」なのですがその「カボチャ」を投げ、リールが白っぽく変色すると同一シンボルがたくさん出現し、高額配当を呼び込みます。複数の「カボチャ」を投げると「ワイルド」図柄が2個から6個リール上に出現します。ウイリーしながら3×3の「ビッグワイルド」をけん引してくることもあります。100回も遊戯すれば必ず目にできるほどアクションは結構あり、ビデオスロットを楽しませてくれます。
シンボル図柄は「ワイルド」と「ボーナス」の図柄を含め12種類あります。配当の高い順から「ワイルド」「バイク(ラッキーハロウィーンと図柄に書かれている)」「帽子」「ネコ」「香水」「コウモリ」「A」「K」「Q」「J」「10」です。高額配当図柄は3連で24倍から60倍、5連で100倍から400倍の配当です。有効ラインは20ライン、最低BET額は0.1ドルとなっているので低額での遊戯が可能で遊びやすビデオスロットになっています。
「ボーナスゲーム」や「フリースピン」なども楽しめる演出が多いです。先ず、有効ラインに図柄が揃い配当が確定した際にリールの右側に配置されている「木」の「カボチャ」が点灯すると配当を何倍かにしてくれます。「カボチャ」が「木」になっているのは少し変な感じがするのですが、下から点灯し2倍、3倍と進んでいきます。最後まで到達すると800倍にもなります。とはいえ余程のことがない限り、ここまで到達しないのでしょうが私が実際に遊んでいた際には16倍、32倍まで点灯しています。
「ボーナスゲーム」は「ボーナスシンボル」がリール内に3つ以上出現すると獲得できます。「満月ボーナス」と命名されているようです。ゲームの内容は6択ゲームで配当を得られる仕様です。「コレクト」が出るまで6択チャンスは継続します。すごろくの様にお城に続く道を進めば進むほど高配当が獲得できる仕様です。1マスしか進まないこともあれば10マスぐらい一気に進むこともあります。何度か「ボーナスゲーム」を獲得していますが、数マスで終了の経験はなく結構中段ぐらいまでは進んでくれています。BET額の40倍から80倍ぐらいの配当を得ることができています。最上部まで進むことができれば超高額の配当が記されています。
「フリースピン」もリール内に3つ以上の「フリースピンシンボル」の停止で獲得ができます。またまた「カボチャ」が登場し、3択で「フリースピン」の回数を決定します。「フリースピン」の回数は10回・12回・15回であったり、13回・20回・23回であったりとそのゲームごとに内容が異なるようです。この「フリースピンゲーム」中にさらに「フリースピンシンボル」が揃うことがありますが、その際の「フリースピン」回数はやや抑えられているようです。3回・4回・7回などの様に最初に獲得できる「フリースピン」回数の半数ぐらいのようです。
このビデオスロットはとにかくアクションが多く、飽きさせません。私は100回の自動プレイを選択して遊ぶ機会が多いのですが、100回の自動プレイ中に複数回、「パンプキンライダー」の出現、「フリースピンゲーム」の獲得、「ボーナスゲーム」獲得の機会があります。「パンプキンライダー」はガセることも間々ありますが、出現した際はどんなことをしてくれるのか期待感がありますし、「フリースピン」の3択、「ボーナス」の6択と自身の直感、運で配当を獲得できるドキドキ感はあります。「どれにしようかな?」と悩むのはこのビデオスロットの最大の楽しみなのかもしれません。これを書く前にこのビデオスロットで遊んでいましたが、0.1ドルBETで107ドルの配当を得ることができました。たまたまの運と思いますが0.1ドルBETで100ドルの配当を得られるのは夢がありますよね。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

マニラ・ソレア・リゾート&カジノで稼ぐ!/海外で遊ぶカジノは合法!

ソレア・リゾート&カジノとは

ソレア・リゾート&カジノに宿泊しました。こちらは四つ星ホテルなのですが、名前の通りリゾート&カジノということで、カジノがメインだったりします。中にはホテルだけの利用の方もいらっしゃるでしょうが、ほとんどはカジノ目当ての客だと思います。客層は現地の方も多いですが、見たところ半分くらいは外国人観光客でした。多いのはやはりアジア系で、ここでも中国人の集団が目立ちます。お金を使うのも結構派手です。次に韓国人や日本人がいる感じですね。私が行った時には団体で来ているという日本人のグループもいました。

ソレア・リゾート&カジノで合法的にカジノプレイ

時間は思ったよりも長めに予定しておくと良いと思います。時期によっては結構混雑していますので、なかなかやりたいゲームが空きません。ツアーだと1時間ちょっと軽く遊ぶみたいな内容が多いみたいですが、絶対に足りないと思いました。むしろ一日いても良いと思います。ちょっと飽きたらショッピングをしたり美味しい物を食べて、またカジノで遊ぶ。それを1日繰り返してゆっくり遊ぶのがおすすめです。私は途中でフィットネスに行ったりしたので、3日くらい続けて遊んでしまいました。
カジノフロアは非常に豪華。ラスベガスやマカオとはまた違う、フィリピンらしさのある内装が結構良かったですね。そして、あちこちにいるカジノスタッフの女性がとても綺麗。きっとフィリピンではトップクラスの美女ばかりだと思います。フレンドリーですがどこか上品な感じ。私は女なので恩恵が無いかなと思いましたが、美女に弱いのは男女共通です。華やかな笑顔で接待してくださるので、こちらも思わずニッコリしてしまいます。もちろん男性スタッフも親切な方ばかり。アメニティも充実していますし、少しでも困って調べ物とかをしていると、向こうから声をかけてきてくれました。こんなにホスピタリティが良いのに、利用料金が安いので大満足です。
ちなみに、カジノのレートはやはり変化しています。私は今回初めての利用だったのですが、知人が訪れた時に比べるとレートが高くなっていました。こればかりは仕方ないですし、レートに合わせてスケジュールを組むわけにもいきませんから。ただ、ホスピタリティだったり他のところでの満足度が高いので、私自身はそこまで気になりませんでした。
フィリピンには他にも色々カジノがありますが、小さくて古いところも多いです。綺麗でマシンが充実していて、スタッフの対応も良いとなるとやはりソレア・リゾート&カジノがおすすめです。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

ゲーミングクラブカジノは危険?本当に稼げる?合法で出来るネットカジノ

 

ゲーミングクラブカジノは危険なのか?

ゲーミングクラブカジノは知る人ぞ知るオンラインカジノ業界では老舗中の老舗カジノです。
ネットカジノ愛好者の人たちからしてみると、懐かしいといわれるネットカジノでしょう。
なぜなら、ゲーミングクラブカジノは日本へのサービスを提供していながら、一時期日本語サービスをやめていたのです。なので、昔からネットカジノを利用している人には馴染みがあるものの、最近の利用者にはあまり知られていないのです。

しかし、そんなゲーミングクラブカジノが満を持して日本の利用者に向けてサービスを再稼働し始めました。
前にはなかった特別なボーナスなども充実させ、完全日本語対応でローンチされています。

もともと、ゲーミングクラブカジノの運営元はすでに日本人には馴染みのある「ジャックポットシティカジノ」や、「スピンパレスカジノ」と同じなので、そちらで蓄積した日本人向けサポートのノウハウを使用しており、年中無休で丁寧な日本語サポートを受ける事が出来ます。
運営元がしっかりしており、サービスも充実、また日本度サポートが丁寧でしっかりしていると何拍子も揃っているゲーミングクラブカジノは安心して利用できるネットカジノと言っていいでしょう。

ゲーミングクラブカジノは色々なお得が盛り沢山

新たにリブートしただけあって、キャンペーンも充実しているのがゲーミングクラブカジノです。
まず、登録し入金したら貰えるウェルカムボーナスの合計がなんと800ドル!これは他のネットカジノにはなかなかないウェルカムボーナスですね。
また、毎日届くデイリーボーナスや、各シーズン毎に提供される特別プロモーションも魅力十分。毎日ボーナスが貰えるネットカジノ滅多にないので、かなりお得なサイトだと言えますよね。

ゲーミングクラブカジノにはもう一つ凄い魅力があります。それはポイントが貯まっていくロイヤリティ制度です。
ゲーミングクラブカジノでプレイをすればする程、その金額に応じたポイントが貯まっていくのです。そして、その貯まったポイントはなんとキャッシュチップに交換出来るのです。
ロイヤリティポイントは200ポイントで1ドルから変更可能で、プレイすればするほどキャッシュが貰えるなんて凄いですよね。
またこのキャッシュチップはすぐさま引き出す事が可能dすし、ゲームをプレイする為に利用することも可能です。
プレイするだけでお金が貰えるなんて夢のようなネットカジノですね。

ゲーミングクラブカジノまとめ

ゲーミングクラブカジノは日本へのサービスを一時期停止したものの、その運営自体は1994年から継続して行われており、他のネットカジノと比較してもかなりの老舗カジノとなっています。
これだけ長きに渡って運営している実績、また保有しているのがマルタ共和国のライセンスという時点で安心出来る優良ネットカジノと言えるでしょう。

日本語専用のメールサポートも24時間体制で行っており、心配なことがあればいつでもメールで質問することが可能です。また他のネットカジノ同様、チャットや電話のサポートでも日本語対応がなされています。こちらに関しては対応時間が決まってはいますが、海外運営なので時差の関係もありしょうがないところではあると思います。
しかし、それももってしても、あまりに余る信頼度のあるオンラインカジノと言えるでしょう。
老舗ネットカジノなので、初心者から上級者まで広範囲でプレイヤーを満足させてくれるサイトとなっています。

 

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

インターカジノは危険?本当に稼げる?合法でできるオンラインスロ

インターカジノへの登録はこちら

インターカジノは危険?

インターカジノはオンラインギャンブルに特化した情報誌「
Gambling Online Magazine」にて5年も連続でトップ賞を受賞した優良老舗オンラインカジノです。信頼高く、安全なオンラインカジノを運営しているカジノだけが受賞出来る栄誉を勝ち取ってきた実績があります。
日本語サポートも充実しており、きちんとした日本語でのサポートを受けれるので、安心して利用出来ます。

インターカジノ体験談

なんとインターカジノでは高額2000万円以上の賞金を獲得した日本人プレイヤーがいます。
この方はインターカジノでのアカウントを開設して2カ月でこの大金を手にしたようです。

まず、インターカジノで入金を何回かした後、都度貰っていたボーナスから現金75ドルを元手に、最終的に2000万円以上の賞金獲得をしたそうです。
このようにプロモーションから高額賞金を獲得した人もいます。そこで、インターカジノのプロモーションを紹介します。

インターカジノでは、3回入金するとMAX500ドルも貰える入金ボーナスを実施しています。
オンラインカジノのボーナスには、ボーナスでのプレイ対象外のゲームが多く設定されていますが、このインターカジノではボーナスで全てのゲームが利用可能となっています。
なので、自分に合ったゲームで貰ったボーナスを利用することが出来るんですね。
これで高額賞金を獲得した人が現れたのも納得が出来ます。

また、インターカジノでは実際に10億円近くの超高額賞金を獲得できるジャックポットゲームもエントリー出来ます。これは、ロトと同じシステムで、ジャックポットを誰かが引くまで、ジャックポットに貯まった賭金が貯まっていくシステムです。ジャックポットを当てた日には、宝くじと同じで人生が一変してしまいますね。

 

インターカジノへの登録はこちら

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

シンガポール・マリーナベイカジノで稼ぐ!/海外で遊ぶカジノは合法!

シンガポール・マリーナベイカジノとは

初めてカジノを実体験できたのは今から4年前、シンガポールにおいてだった。
世界三代がっかり観光名所といわれるマーライオンに代わり、新たにシンガポールの観光名所となったホテル マリーナベイは有名だろう。
屋上に船舶を模したプールを関するマリーナベイの地上階には、世界的に有名なブランドが店舗を構えている。これら賢覧豪華な店やカフェを左右に見ながら続く長く幅広な廊下を進んでいくと、一風替わった空間に行き当たる。
カジノエントランスだ。

シンガポール・マリーナベイカジノで合法的にカジノプレイ

それまでの豪奢な装いと異なり、カジノエントランスは無骨といって差し支えない。
エントランス横にあるクロークは機能性重視。パスポートチェックする黒服たちはよく言えばフレンドリーだが、とても洗練されているとはいい難い。
そして何より、客層がカジュアルなのだ。

オーストラリア シドニーのカジノなどでは、週末にもなると美しく着飾った老若男女がカジノを訪れていた。あるいは筋骨逞しい軍人の一団を見ることもあった。
しかし、マリーナベイ カジノでは、そのような客層を見ることはなかった。
カジノを楽しみに来る客は、観光客が大半だ。もちろん日本人観光客もいるが、圧倒的に多いのが中国人観光客だ。それも壮年を超え、金の使い道を苦労しているような連中ばかりだ。
もちろん、地元客もいる。
だが、シンガポールの地元客と言えば、金を持っている華僑か、金を持っていないインド・マレー系の出稼ぎである。

どちらの客も、決してカジノに色を添える花にはならない連中だ。
ちなみに、私自身もポロシャツ・短パン・スポーツサンダルというカジュアルルックでカジノを訪れていたので、日本人観光客の方から複数回おどろかれた記憶がある。
日本人だったのか、と。

服装と客層のことはさておき、エントランスを抜けるとマリーナベイ カジノの巨大な威容に驚嘆することだろう。
全体を俯瞰すると、すり鉢上の多層構造になったカジノ施設はホールと呼ぶにふさわしい。ホール中央部分は吹き抜けになっているので、さながら巨大コロッセウムのようだ。
カジノを訪れた観光客の多くは、ホールの低層階か一段上の2階層目でプレイすることになる。3階層、4階層には、どうやらメンバーカードのポイントが特定値を超えたものだけが訪れることができるようだ。
ちなみに、カジノ エントランスは各階層に複数個存在するので、下手にカジノ入口で待ち合わせ、などは行わないことが懸命だ。

さて、これは世界中の大半のカジノに共通することだろうが、マリーナベイ カジノの遊戯台は二つに大別することが出来る。
一つは、スロットやルーレットあるいは大小などを機械相手に実施することができる遊技台である。カジノといえば、ある程度は客を勝たせ、楽しませた後、客が大枚を掛けたところで大負けさせるという印象があるのではないだろうか。そういった胡散臭さを感じながらも小額をかけ、楽しむことができるのがこれら機械相手の遊技台だ。
もう一つが、バカラやブラックジャックなど、ディーラーを交えて行うテーブルゲームだ。
機械相手の遊技台とは異なり、ディーラーや一緒にプレイする客達とのコミュニケーションを含め楽しむことが出来る。

カジノの醍醐味は、やはりテーブルゲームだろう。カジノを訪れる機会があれば、是非チャレンジして欲しい。
ただし、ある程度の英語能力ないし中国語能力は必須だ。
細かいゲームルールは書くテーブルに添え着いているルールブックに記載があるし、あるいはディーラーに直接聞くこともできる。だが、いずれにせよ日本語は通じない。
公用語は英語であり、大半の客層と同じくディーラーも中華系なので中国語でもコミュニケーションはできる。
大勝ちしたときにディーラーと調子のよい会話をするのも、大負けしているときにディーラーからもう帰りなよと諭されるのも、いずれもカジノならではの楽しみだろう。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

ラスベガス・シーザーズパレスで稼ぐ!/海外で遊ぶカジノは合法!

ラスベガス・シーザーズパレスとは

5年ほど前のことです。私が24歳のころ、長い休みが取れたので、2週間ほどアメリカ、カナダをいろいろと巡りました。
アメリカは、ロサンゼルスやサンフランシスコなど主に西海岸を回りましたが、少し足を伸ばしてラスベガスへも行きました。男5人の旅で、フリーのツアーだったので、ロスなどはレンタカーで回り、モーテルで宿泊交渉をして安く泊まりました。

しかし、ラスベガスは、そういうわけにはいかなくて、ちゃんとしたホテルを事前に予約していきました。そのとき泊まったのが、「シーザーズパレス」というカジノ付きのりっぱなホテルでした。

ラスベガス・シーザーズパレスで合法的にカジノプレイ

カジノという場所に行くのは、初めてだったし、片言の英語でコミュニケーションもとれない状況なので、人間を相手にするゲームは怖くて挑戦できませんでした。
ですから、ほとんどがスロットマシンで遊んでいました。しかも、スロットマシンでも、1ドルコインを使って遊ぶものから、5セント、1セントコインを使うものまでいろいろなレートで遊ぶことができます。

私は大きな勝負はできないので、1セントで練習して5セントと25セントまでは遊んでみました。
時々当たりが出ていたので最終的にはプラスにはなりませんでしたが、けっこう楽しく遊べました。そのほかではルーレットを少しやってみましたが、駆け引きなどがわかりませんし低い倍率のところにしか賭けられませんでしたので、楽しいというところまでは行きませんでした。

余談ではありますが、スロットマシンで遊んでいると屈強な警察官が近づいてきて、「おまえは何歳か」と聞いてきました。私が「24歳だ」と答えると、「そうか。幸運を祈る」と言って去って行きました。
後で知り合いに聞いてみると、日本人は幼く見えるので未成年に見えたのではないかと言うことでした。何も悪いことをしていないつもりでも、首の太さや腕の太さが私の太股より太いような漫画でしか見たことのないようなアメリカ人の警察官が近づいてくるだけでもビビってしまいました。

次にラスベガスへ行くことがあればスロットマシンのレートはもう少し上げて、1ドルマシンぐらいで遊べるようになればいいなと思いました。
また、ブラックジャックなどのカードゲームにも挑戦してみたいなと思いました。いずれにせよ、ある程度英語でコミュニケーションがとれないと、なかなか参加できません。まずは、英語の勉強から始めないと楽しめないなというのが実感です。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!

アリスタウンは危険?本当に稼げる?合法でできるオンラインスロ

アリスタウンは危険?

初めて登録したユーザーは、1000円相当の100Pをもらえるのですが、その100P自体、どのスロット台でもすぐに使い切ってしまうレベルです。自身のプロフィール画面には、ブログ機能やクローゼット機能がついていますが、元々のキャラクター自体、四角い顔をしていて、ランキング上位者でも、見え方が全く同じで、見分けがつかない。

このサイトは「ポイント購入者」ポイントを一度でも買った人間でしか全ての機能の閲覧権限が無く、無課金でやる方には、他のサイトのほうが、初期登録してからもっと遊べます。

アリスタウンの体験談

初期登録してから、手始めに、「深海伝説」をやってみましたが、グラフィックの見栄えが他のスロットサイトと比較して、格段に悪く、「深海伝説も」100Pがすぐに底を尽きてきそうな勢いで、毎回5ベット(5ポイント)を回すたびにポイントがドンドン磨り減っていきます。

次に「TheMonstersゾンビ編」という台をやってみましたが、こちらの台は「深海伝説」より更に当たり目やリーチ目の演出が無く、ただ単にEXPを稼いだだけとなってしまいました。そのEXP (サイト内経験値)の使い道はどういうものかと調べました所、『アリスタウンサイト内でアクションを起こすことで発生するものです。ログイン・ブログへの書込み・ゲームへの参加等、サイトを利用することで貯まります。

EXPを貯めていくと「Dロト」の抽せん応募ができるようになります』という記載があり、Dロトへのポイント参加権となっているようです。こちらのDロトの景品は、1等で10000ポイント2等で1000ポイント3等で100ポイント4等で10ポイントです。Dロトへの参加権は、初回ポイント購入する事が条件だそうです。ポイント稼ぎには、友人紹介システムというのがあって、モバイル招待、友人の携帯電話メールアドレスを入力し、自分自身の誘導URLやQRコードを含めて、友人が登録してポイントチャージした場合、招待主であるお客様に「チャージ額半分のPt」 と 「チャージ額全額のEXP」 がプレゼントされるそうです。ご友人が10,000円分の初回Ptチャージをされた場合、
招待主であるお客様には 「500Pt(5,000円分)」 と 「1,000EXP」 が加算されます。こういう感じで、友人招待システムでも辛い設定がなされていて、かなり不満がある状態です。
またゲームスタート画面から、「バトルエリア」「トレジャーエリア」と選択できますが、「トレジャーエリア」に入場するためのチケットですが、バトルエリアでは殆ど手に入らず、相当な金額を課金しないと、500ポイントでもあっという間に飲み込まれてしまいます。一体誰がこちらのスロットサイトで、5000円も1万円も課金するのか不思議でしょうがないです。かなりお金を用意しないと厳しいと思います。また、デイリーチャンスを引きましたが、1ポイントしかゲットできませんでした。またキャンペーンの内容も毎日初回の購入のポイントが2倍になるというもので、ゴールド量も増量されますが、時間帯が、AM5:00~翌朝AM4:00までという、深夜の中途半端な時簡に誰が課金するのかまったく理解できないキャンペーン内容と、ゴールド獲得自体、前述どおり難しいため、メリットの薄いキャンペーン内容です。またメダルアップチャレンジ、全機種メダル出現率33%、33%など微妙です、MUPという略語も謎です。ゲームの中では、スロットは安定して楽しめると思います。スロットはガチの設定ですが、比較的ハイアンドローも当てやすいと思います。

ハシビロコウさん改については、消費ポイント1回15ポイントですが、チケットがもらえるのでやる価値はありそうです。ハシビロコウは、エチオピア区の南スーダンからザンビアにかけての湿地に分布する、ペリカンのような生物で、東・中央アフリカに生息するそうです。この生物は人気が出そうでとてもかわいいです。大型の鳥類で、頭頂までの高さは110-140センチメートル、中には152センチメートルに達するそうで、この生物ほど『あっちむいてほい』に適した生物以内と思います。ハシビロコウは動かない鳥で有名で、動画で見ても、置物かと見間違えるばかりで、ほとんど動きません。愛らしい動物です。

「アリスタウン」のスロット全体、パソコンでログインすると画面が小さく、とても見づらいです、また、グラフィック演出に乏しい。次に「幕末KAITEN」をやってみましたが、こちらも5ベットのみで、ポイントがどんどん減っていきます。グラフィックは小さいですが、幕末のキャラクターの設定やデザインは良いと思います。次に「スペースFUJIKO」ですがハイリターン機ということもあり、1ゲーム8ベット。峯富士子もかわいいですし、画面が見やすいので、とても良いと思います。ですが、8ベットでも当たりが低いです。

次に「怪盗少女シルク」シルクがかわいいです。1ゲーム5ベット。当たりも良く来そうです。ほかにも30ベット機もあり、100ポイントすぐ無くなってしまいますが、全体的にゲームとしては楽しいのですが、ポイントがすぐ消化され、遊べません。そういった辺りをご改善願いたいです。

KACHIDOKI

KACHIDOKIカジノのここがスゴイ!
海外のネットカジノにもかかわらず、日本人に馴染み深い3リール式スロットを展開!しかもその中の一つ「大祭り」の設定は、当時とんでもない爆発力を持ち規制の対象になった”4号機”が元になっています!
ちゃんとした海外の会社が運営しているサイトですが、サイト内もサポートさんも完全に日本語だけでOKですので、すごく安心して遊べるサイトです!